Press "Enter" to skip to content

MBAを取得して転職を考えたら引く手あまただった

audiobooksinreview 0

就活の時に「この会社に入れば一生安泰だろう」と思って会社選びをする人が多くなっています。
長いこと日本は経済不況に見舞われてきて、その中から若者が社会人になる世の中になりましたからどうしてもそうした考え方は無理もないのかもしれません。

MBAを取得してより高みを目指す

大企業に勤めていれば確かに、可も無く不可も無くそんなに苦労することなく生活できます。
しかし「私にはもっと他の使命があるのではなかろうか」と悩む原因になることもあるのです。
そこで大企業に勤めていたビジネスマンがある日「MBA」を取得するといって海外に行ってしまうことがあります。
彼らは、卒後の進路として今までいた起業とは全然違う業界へ転職するというケースが多いものです。

日本企業に就職するよりも

MBAを取得してからの転職は、日本企業へと言うよりも外資系のコンサルティングファームやビッグ4と呼ばれる巨大会計事務所への転職が多くなっています。
ビッグ4とは、EY、KPMG、PwC、Deloitteのことを指し公認会計士と共にMBA取得者が様々な起業へコンサルティングを行っています。
外資系ですとどうしても日本人の頭には「成果主義ですぐに首になる」というイメージがあります。

ビジネススクールで慣れっこになっている

とはいえ、成果主義というのはビジネススクールで慣れっこになっていることから多くの人が外資系への転職にあまり抵抗を持っていないのです。
むしろ日本企業のなれ合い感覚を嫌う傾向にあるかもしれません。

転職市場が成熟した今だからこそ

昔は転職しようと思ってもなかなか難しかったのですが。今ではすっかり転職市場も発達しました。
MBA取得後の転職もさほど問題ないことから、様々な進路が選ばれるのです。

関連する記事